マーケティングオートメーションのデメリット

導入と運用にコストがかかる

マーケティングオートメーションは無料で利用できるシステムではないのがデメリットです。マーケティングオートメーションを導入するときには開発企業と契約して導入してもらわなければならず、初期設定のためにコストがかかるのが一般的です。その後も利用を継続するためには月額費用を支払わなければならないため、長期的に費用を負担しなければなりません。マーケティングオートメーションの運用によってその費用を越える利益を生み出さなければならないのです。マーケティングオートメーションを利用していくときにはコストパフォーマンスを意識してシステムを選ばなければ、コストがかかるために赤字になるリスクがあるので注意しましょう。

プログラムを組む能力が必要

マーケティングオートメーションは運用担当者に特別な能力が求められるのがデメリットです。必ずしも現場で活躍していたマーケティング担当者がマーケティングオートメーションを使いこなせるとは限りません。場合によっては新しい人材を雇用するか、現在雇っている人材に教育研修を受けさせることが必要になります。マーケティングオートメーションを使いこなすためには自動化のためのプログラムを組む能力が求められるからです。プログラミングの経験がある人なら簡単にできるものの、あまりプログラムについての理解がない人には扱いが難しいのが実情です。導入するときにはマーケティングオートメーションを使える人材も合わせて手に入れることを検討しなければなりません。