マーケティングオートメーションの導入に向いている業種

マーケティングオートメーションと第三次産業は相性が良い!

マーケティングオートメーションの導入には、向いている業種とそうでない業種があります。マーケティングオートメーションと相性が良いと言われているのが、第三次産業です。第三次産業とは、第一次産業や第二次産業に当てはまらない業種を指します。農業、林業、水産業などが第一次産業です。そして、製造業、建設業、鉱業などが第二次産業に当てはまります。これらに含まれない、小売業、運輸業、金融業、飲食サービス業、情報通信業などの業種が第三次産業と呼ばれ、今では日本の産業の主流となっています。なかでも、小売業や情報通信業などにおいては、他の業種に比べて、マーケティングオートメーションの導入が進んでいると言われています。

マーケティングオートメーション導入の目的を考える!

企業がマーケティングオートメーションを導入する最大の目的は、マーケティング活動の自動化だと言われています。わかりやすく言うと、業務の自動化によるコスト削減と業務の効率化による売上の向上です。マーケティングオートメーションの導入には、導入するためのコストと定期的に発生する運用コストがかかるので、費用対効果を意識した適切な運用体制が大切です。商品数が多く、ECサイトを活用している小売業などの業種では、導入コストと運用コストよりも業務効率化などの効果の方が大きいと言えるでしょう。また、マーケティングオートメーションツールには、リード管理機能、スコアリング機能、メールマーケティング機能、キャンペーン管理機能など多くの機能があるため、導入前に業務の詳細をしっかりと把握することが欠かせません。